« 新しい検索エンジン | トップページ | google earth4 »

自作曲の有料配信

ミュージックマーケット

ヤマハが製作したソフトで、個人が制作したオリジナル楽曲を有料配信し、1曲105円(税込み)で販売できる。1ダウンロード当たり50円が作者に「印税」として支払われる。

最近、「ネットを使ってお金を稼ぐ」というのが話題になっているが、このサービスを情報起業やアフィリエイトと同じように「収入源」という観点から考察してみたい。

ヤマハはこのサービスを、個人が作品を無料登録して公開可能なコミュニティーサービス「プレイヤーズ王国」内で始めることになっているが、このプレイヤーズ王国では既に5万1000曲が登録されている。初年度では3万3000ダウンロードを見込んでいるという。

これを金額に換算してみると1ダウンロード50円なので、50×3万3000で165万円規模ということになる。しかし、情報起業の場合「1サイト」で数十万~数百万単位、アフィリエイトで数万~数十万単位が相場である。ミュージックマーケットでは年間に全体で165万規模である。その中から個人が「収入」といえる額を手に入れるのは難しい。

これならば自作曲をミュージックマーケットで公開せずに自身で売り出したほうが得かもしれない。

|

« 新しい検索エンジン | トップページ | google earth4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しい検索エンジン | トップページ | google earth4 »